大学を受験する時に赤本を購入して勉強している人は多いと思います。
自分も大学受験の際には最新の赤本と古本屋で見つけた赤本の両方を
勉強に使っていましたが、赤本って大学に受かった瞬間に必要なくなりますよね。

しかも、こういった過去問系の参考書は本が分厚くなりがちなので
二度と開くことはないのに本棚では結構幅を利かせてしまいます。
大学に通っている時の教科書類も同じですね。
特に授業によってはその教授の書いた教科書が必須になるのでわざわざ
買わなければいけませんが、この教科書も単位を取った瞬間に必要なくなります。

同じ大学の先輩がいたりすると先輩からもらったりできますが、
知り合いがいないと高い教科書を学校の本屋とかで新品で買わないといけません。
教科書系って地味に高いので2000円とかするんですよね。
一人暮らしをしている大学生にとってはお小遣いを圧迫してしまいます。

裏技としては大学の近くのブックオフとかに行くとその大学で教科書として
使っている参考書が普通に売られていたりするのでそれを買えば安く済みます。
また、参考書や赤本といった類の本は出すところに出せば高値で売れます。
ブックオフのようなところではなく参考書や赤本を専門に扱っている
中古本の買取り店に売れば普通に売ったり捨てたりするよりも財布も潤い
本棚もスッキリするでしょう。

関連URL:参考書や赤本を専門に扱う宅配買取り業者